2009年04月30日

音楽という心に効くクスリ

ストレスがたまったり、精神的なダメージを受けたりしたとき、いろんな対処法があると思います。仕事や家事や勉強や、慌ただしい日常生活を送る中でふと、“癒し”が欲しくなるときもありますよね。
食事やショッピング、マッサージや温泉、瞑想・座禅、アロマテラピー…etc。様々な癒しとリラックス方法がある中で、音楽を聴く方法も癒しとリラックスの効果を期待できる方法です。音楽によって脳内麻薬のような物質の分泌が促進されて、人間の体や神経に変化と影響をおよぼすことは各方面の研究で明らかにされています。

脳内麻薬のような物質の分泌を促進

これが治癒効果と鎮静効果をもたします。すると気分がすっきりします。その作用は人間のみならず、乳牛にクラシック音楽を聴かせて牛乳の生産量を増やすとか、植物の成長や開花をクラシック音楽によって促進することは、取り入れているところも多いそうです。音楽が牛のストレスを軽減したり、植物の感応を誘い何と植物の呼吸を深くするそうです。つまり成長が早まるわけですね。

さらにペットに聞かせるヒーリングミュージックというCDも販売されていて、実際ペット(犬)をリラックスさせる効果を発揮してるようです。動物といえば、イルカの声を収録したCD、野鳥や虫の鳴き声を集めたものなども癒し系の音源として古くから用いられてきました。小川のせせらぎや波の音など自然の音のリラクゼーション効果も大自然に包まれたような安心した気持ちになりますね。

人間が作り出す音楽の中で癒される音として、癒し系音楽CDによく収められているのは、ショパン【ノクターン】、バッハ【G線上のアリア】、シューベルト【歌曲アヴェ・マリア】、ホルスト【組曲『惑星』から木星】、ラヴェル【ボレロ】などに癒される人が多いようですね。

ちなみに私が一番好きな癒し系のクラシック音楽は、映画『短くも美しく燃え』で使われたモーツァルトの【ピアノ協奏曲第21番第2楽章】です。

モーツァルト ピアノ協奏曲 第21番 
ベスト・ピアノ100ベスト・ピアノ100

¥3,000
モーツァルト療法 〜音の最先端セラピー 〜3.癒しのモーツァルト...モーツァルト療法 〜音の最先端セラピー 〜3.癒しのモーツァルト...

¥2,000
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番

¥1,800
オイレンブルクスコア モーツァルト/ピアノ協奏曲 第21番 ハ長...オイレンブルクスコア モーツァルト/ピアノ協奏曲 第21番 ハ長...

¥1,155


tag:
posted by FORTY at 17:47| Comment(0) | 暮らす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。